続・ぺこりのマフマフ日記

ペコリ嬢ちゃまとトモリンのたわいもない日常。 メタボディのウサギちゃんとその母トモリンの痛快バラエティ。 ジャンルはペットやけどグルメネタあり、その他いろいろなんでも ござれ~です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事でみなさんに多大な心配をおかけしてすいませんでした。

ブログへ励ましコメントが届くたびに、感極まって泣いてしまいました。
ばくのオカン様・すみれ様・さきのり様・あちゃぎり様(はじめまして。いつもありがとうございます。)
コメント書き込みありがとうございます。
皆さんのコメント読んで、すごい勇気付けられました。
ホントに感謝してます。

職場の仲良くしてくださってる皆様、心配をお掛けして申し訳ありません。
メールの返事も出来ずすいませんでした。


今日はトモリンは早出でした。
仕事中も全然笑顔が出せず、始終顔が強張ってたなと自覚はしております。
仕事でミスしなかったのが奇跡的だったかも・・・。

仕事終わってすぐクウ動物病院へ向かいました。
トモリン母とは現地で待ち合わせました。
待合室で20分ぐらい待ったでしょうか。

案内されて面会した部屋はオペ室でした。
(診察室とオペ室しかなく、面会室が無いのでオペ室で面会だったと思われる。)

「先生が説明に来ますのでしばらくお待ちくださいね。」と言われました。
プラケースに入ったペコリさんと対面。
ペコリさん、あたしたちと目を合わせてくれなかったです・・・。
ま、そういう愛想があまりないところがペコリさんらしいのですが。
で、2人で
「ペコちゃん!ペコリっ!!会いにきたよー!」と結構な大声で呼びかけました。
で、ちょっと目が合ってちょっと嬉しかったです。
家で当たり前にしてたスキンシップが、入院という特殊な環境におかれたので
目が合っただけでもすんごい嬉しかったんです。

プラケースには名札が貼られてて
「●●ペコリエッタ
診断名 胸水・腹水・子宮疾患・歯根膿瘍
主治医(昨日の女の先生の名前)」と書いてありました。
かなり落ち込む診断名です。

プラケースの中には・・・
ペレットが2つの容器に入れられてて「?」と思ってよく見たら
1つの容器の中はペレットを食べやすいようにふやかして入れてくれてました。

牧草も乾燥牧草と生牧草の2種類入ってたし、
フルーツ(リンゴ)も入れてくれてました。
なんかクウ動物病院っていい病院だなーって思いました。
(待合室もウサギに関する本がいろいろ置いてありました。)

で、ペコリさんの状態ですが(この時点で先生はまだ来られてなくってトモリンの見たカンジ。)
呼吸の感じ(鼻と頬の動かし方)はそんなに改善されてないようでした。
ただ、食欲ですが・・・・・

普段、家では絶対に食べようとしなかった乾燥牧草を食べ始めたではありませんか!

歯が悪くなってからは絶対に食べようとしなかったのに・・・。
昨日、歯の処置して食べやすくなったから?
それとも・・・・環境が変わって急に食べるようになったのか・・・?
謎です。。。。

ただちょっとでも食べれるようになったのはすごい嬉しいし、
牧草はなによりもウサギさんの体にはいいので・・・・
でも、面会中に食事したのはその1度限りでした。

先生が来られてすぐに「家では絶対食べなかった牧草、さっき食べてたんです!」って言うたら
「えっ!?食べてましたか?!」って少々驚いてました。。。


あと、よく口元見たら緑色のものが付着してたので、もしかしてふやかしたペレットを
自分で食べたのかな~と思ってました。


で、先生が説明に来てくれはりました。
今日は男の先生でした。
(あとで曜日担当表見たら、昨日の女性の先生は金・土休みでした。)
以下は先生の説明。
↓  ↓   ↓
・体重が昨日よりも30g減ったので胸水が少しずつは引けてるんじゃないかってこと。
(でも説明中、ペコリは給水ボトルからガンガンを飲んでたので体重の増減で分かるのかは微妙?)

・オシッコは出たけど、ウンコさんがまだ出ないこと。

・ふやかしたペレットをシリンジに詰めて強制給餌したこと。
(口元の緑色の付着物はこのときの強制給餌のペレットかも。)
でも、十数粒分のペレットしか食べなかったこと。

・昨日よりは若干、動きが良くなってること。

・このまま呼吸がスムーズに行かない状態が続くなら、
自宅での酸素療法も考えた方がいいかもとのこと。
(ペット用の酸素ボンベや酸素ケージのレンタルを扱ってる業者があるとのこと。
インターネットでも数社取り扱ってるそうで、家に帰って「酸素療法 小動物」で検索したら
ヒットしました。そういうのがあるの初めて知りました。)

以上のようなことを懇切丁寧に説明してくださいました。

で、予定してた日曜日までは入院継続です。
明日はトモリンの仕事の都合で、面会に行くのはトモリン母1人のみ。
これが結構不安です。
なんせ話の解釈を変えちゃう人なんで。
母にメモ持たせようかな。
で、先生に簡単に状態書いてもらおうかな。


なんかペコリは入院してるってトモリン自身は分かってるのに、
ふとペコリを探してる自分がいます。
家に帰ったときとかお風呂から上がったとき、朝起きたときに・・・
6年間の習慣って恐ろしいです・・・。
ペコリが居て当たり前の生活ですから。


皆さんへ。
また状況報告します。
ペコリさんには大阪の芸人気質で頑張ってもらいます。
トモリンも出来るだけのことをします。
あんまり泣かないようにしたいと思います。←でも泣きながら書いてるんですけどね・・・。
スポンサーサイト
コメント

 昨日から、ペコリちゃんとトモリンさんのことが心配で、何回もブログにきちゃってました。。

 在宅酸素ですか。。
人間みたいに、カニューラするわけにもいかないから、酸素ケージになるわけですねv-356
 でも、それでペコリちゃんの呼吸が苦しくないなら、仕方ないですよね。。
 利尿剤で少しでも、腹水と胸水が減りますように。

 牧草も、おなかのうごきをよくするので、
ペコリちゃんが、少しでもたべてくれてよかったです。
 トモリンさんもあまり無理されないように。。。
2008/10/24(金) 23:46:55 | URL | さきのり #-[ 編集]

こんばんは!
面会のご報告記事を拝読して、チョット安心しました。
ペコリちゃん、自分でごはんも食べてくれたなんてスゴイですよ!
きっと、明日はもっと良くなっているはずです^^

ウチにはネザーの男の子がいて、クウさんには一度健康診断に
お邪魔したことがあるのですが、待合室もウサギさんでいっぱいでした。
そして、小動物は女医さんが主に診られているそうで、
腕も確かだとの評判をアチコチで聞きました。
だからキット大丈夫!ここはドンと大船に乗ったつもりで^^

まだ気持ちも落ち着かないとは思いますが、トモリンさんも
頑張ってくださいね!
2008/10/24(金) 23:54:34 | URL | あちゃぎり #EvmDRqhQ[ 編集]

誠実な先生でよかった。
病院も安心してお任せできそうな感じですね。
そうですか・・・
呼吸のしんどさ、とってあげたいですよね。

6年間の習慣のくだり・・・
私も泣けてきちゃいました。
そのトモリンさんの深い愛情は
ペコリさんの心を強くしてくれると思います。
2008/10/25(土) 03:52:47 | URL | たぬき嫁 #-[ 編集]

そんな大変やったなんて………
応援してるし
自分をせめたらあかんよ~
ポジティブシンキングしてね
2008/10/25(土) 09:42:22 | URL | くるくる #-[ 編集]

ぺこりさんの事心配だったよ。
まずは、食欲もどるようにファイト!!
食べて腸を動かすのが一番!
食べる意欲が出てくれば、ひとまず安心!
うちのトロ君も、クウ動物病院だったよ!
待合室は、ウサギやフェレットでいっぱい!
遠くからも来てる人もいたよ!
小動物にも強いし、
良い先生がいる病院だよ!

トモリンも気を落とさずにね、
体をこわさないようにね!
ぺこりさん頑張れ!!


2008/10/25(土) 11:02:26 | URL | ハム田中 #-[ 編集]

三十路を過ぎた女に乾燥は毒よ~。
あんまり泣き過ぎないようにね。

ペコリさん、牧草を食べて見せたり、お水ガンガン飲んだり、安心できる様子が見られて良かったね^^
おうちで出来るケアも、そこの病院ならしっかり説明してくれそうだね。
心行くまで説明聞いて、ペコリさんに快適な療養生活送らせてあげられるもんね。
トモリン、ガンバッ!
2008/10/25(土) 21:58:00 | URL | ばくのオカン #Zy/Vnn1A[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。